« アリコなど3社売却。AIG生命保険、日本撤退へ | トップページ

三井生命保険が変額年金から撤退へ

国内中堅生命保険会社の三井生命保険が、変額年金保険市場からの撤退を検討している明らかになった。昨年12月31日に公表した経営再建策の骨格で明らかになり、変額年金保険の銀行窓口販売からの撤退や、事業費の削減、株式など価格変動の大きい資産の圧縮などが盛り込まれた。

変額年金保険は銀行窓販の主力商品の一つとして人気を集めたが、金融危機の影響で運用成績が急激に悪化し元本割れが急増している。

三井生命保険は2008年9月中間決算で経常利益が126億円の赤字となり、さらに株価急落で08年12月末時点では国内株式の含み損も200億円まで拡大している。
今回の経営再建策で、不採算部門からの撤退や業務の効率化を推進することで経営再建を急ぐ。

|

« アリコなど3社売却。AIG生命保険、日本撤退へ | トップページ