« 保険の「現物給付」、時期尚早と判断で見送り | トップページ | 知的障害者向けの保険会社が誕生、国内初 »

大手損保各社、自動車保険の特約を大幅削減

不払いを受けて対応。

保険金の不払い問題の対策として、大手損害保険各社は来年度以降から自動車保険の特約数を大幅に減らす。大手6社の特約数は合計で現在の613から363と約40%減る。需要の少ない特約を廃止したり、補償内容の重複する特約を1つにまとめていく。各社は商品内容の複雑さが不払い問題の背景にあると判断。各特約の補償内容について、社内でも整理ができなかった。今回の商品簡素化をきっかけとして不払いの再発を防ぐ考えだ。

三井住友海上火災保険は5月から自動車保険の特約を70から44に減らす。3種類あった「代車特約」を1つにするほか、事故の被害者が入院した場合の見舞金を補償する「対人臨時費用特約」も廃止する。4種類あった自動車保険の商品数自体も4つを3つにまとめる。

生命保険加入の相談

|

« 保険の「現物給付」、時期尚早と判断で見送り | トップページ | 知的障害者向けの保険会社が誕生、国内初 »